Brazil Wine

ブラジルワイン

移民文化で生まれた多様性のあるブラジルワイン。

その歴史は長く、起源は1532年まで遡ります。実に500年近くの歴史があります。

日本ではまだ、あまり知られていない、
しかし上品で魅力的なブラジルワインを皆さまにお届けします。

Brazil wine
ブラジルワインとは

ブラジル南部3州には大西洋岸から内陸に向かい扇形の広大な溶岩台地があります。
その面積は120万㎢にも及び、世界第二位です。
日本の総面積は37万㎢ですからそのものすごい広さが分かりますね。

ブラジルのワイン生産地はこの2億年かけて風化した肥沃な溶岩台地の上に広がるブドウ畑と共にあります。

ブラジルは灼熱の太陽のイメージもありますが南部では四季があり、
冬には氷点下になり雪が降る年もあります。

そして南部の広大な土地は海抜800m前後の高い斜面に展開しており日照時間や雨量が
ワインづくりのブドウ栽培に適しているのです。

ドイツ移民とイタリア移民がほとんどを占める南部ブラジルは「ブラジルのヨーロッパ」と呼ばれ、
ブラジル人が最も旅行に行きたいところになっています。
19世紀にはイタリアヴェネト州からの移民により本格的なワイン製造法がブラジル南部にもたらされました。

第2次大戦後はイタリアの積極的移民政策によりイタリアがブラジルへの移民排出国のトップとなり、
ブラジル南部は今や「イタリアよりもイタリア」と言われるほどです。

移民文化で生まれた多様性のあるブラジルワイン。
ブラジルワインは500年近くの歴史があり、その歴史は長く、起源は1532年まで遡ります。
実に500年近くの歴史があります。

日本ではまだ、あまり知られていない、しかし土地の魅力とイタリア移民の文化が詰まった
上品で魅力的なブラジルワインを皆さまにお届けします。

ブラジルを代表するのは何といってもスパークリングワインです。が、
ワインと共に世界中の著名なワインコンクール、
特にヨーロッパにおいて数々の受賞実績があり確固たる地位を築いています。

当社では、世界に冠たるしかし 日本では知られていない優秀で高品質なブラジルワインを中心に、
ブラジルの良質なワインを皆様にご紹介して参りたいと考えております。