ワイナリー紹介

About the wineries

ワイナリー紹介

Mioranza

ブラジルの広大な大地を夢見て

ミオランザ家がイタリア北部のヴェネト州からブラジルへ向かったのは、19世紀のイタリアが歴史の激動に揺れるさなかでした。 ピエトロ・ミオランザが故郷からブラジルに持ち込んだブドウの苗木がミオランザワインの一滴の始まりでした。
MIORANZA2

家族がつむぐワインづくりの歴史

ワインやスパークリングワインの価値を決定づけるのは、厳格な製造工程と古くから守られてきた知識や技術、そして熟練したワイン醸造家の“目”です。ワイナリー・ミオランザは、長い年月をかけ、世代を超えて、最新技術を結集し、ワインの醸造を行ってきました。
mioranza-irmaos-768x768

テロワール、ワインの心

ミオランザはガウーシャ高原の中でもアルトス・モンテス(高い山々)と呼ばれる地域にあり、標高850mに位置し、ガウーシャ高原の玄武岩土壌から抽出された鉱物を含む、ワイン生産地としての高いポテンシャルをもつ土地です。ファインワインのブドウは、すべて手摘みされ、手作業で選別してから醸造されます。
MIORANZA5-768x768

ミオランザのワイン

カタニア:ミオランザの伝統と革新を融合させたファインワン。イタリアのシチリア島の都市、エトナ火山の近くに位置するCATANIA(カタニア)の地名にちなんでこの名がつけられた。2020年SAKURAアワード金賞受賞。 テーブルワイン:ミオランザテーブルワインと他のワインとの違いを決定づけるのは、低温殺菌法にある。加熱殺菌時の温度は75度まで上げられ、過度な発酵を妨げることで、素晴らしいワインが生まれる。 セミスパークリングワイン:ミオランザのセミスパークリングワインはシャルマ方式である。キンキンに冷やして、暑い日に楽しむのがおすすめ。
MIORANZA1